口腔外科ORAL SURGERY

口腔外科

menu

口腔外科ORAL SURGERY

安心してご来院ください。安心してご来院ください。

口腔外科口腔外科では次の治療を行っております。

口腔外科では、口の周り全般の治療を行うため、
その部位によってさまざまな治療法があります。
ここでは、主な症状への治療内容をご紹介します。


親知らず周辺の炎症への治療
親知らずのことを歯科用語で「智歯」と呼び、その周辺が炎症することを「智歯周囲炎」といいます。親知らず周辺の歯茎が赤く腫れ上がり、痛みがあります。やがて顎の下や頬が腫れてきます。智歯周囲炎の治療では、まず歯茎を洗浄して抗菌薬と抗炎症薬を施します。もし膿がたまっている場合には切開します。必要であれば抜歯も行います。
顎関節症
顎関節症の治療では、原因となっているのが歯にあれば、虫歯などを治療します。また、噛み合わせの不具合に生じている場合には、歯を削ったり、高くしたりして治療を行います。
また、顎に対しての治療では、マウスピースを装着したり、顎関節周辺を温めて血行を促すことで、筋肉の緊張を和らげたりすることで治療を行うこともあります。
インプラント
インプラントとは人工の歯根を歯に埋め、その上に人工の歯を被せて、欠損した歯を補う方法です。いまでは入れ歯よりも自分の歯のように違和感がなく使えるメリットがあると多くの方に取り入れられています。まずはレントゲンやCTなどでしっかりと歯や歯茎の状態を検査し、歯茎を切開して顎の骨を削ってインプラントを埋め込む手術を行います。その後、期間を置いて、被せる人口の歯との結合部分のアバットメントと呼ばれるものを装着する手術を行います。歯茎が治ったら型取りをし、それをもとに人工の歯を製作し、できあがったら取り付けます。
歯科用CT

当院では、3D(三次元)の立体画像を得られる歯科用CTを導入しています。
これまでのレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、
神経の位置把握にも利用できます。
このため親知らずの抜歯をはじめ、歯周病の診断、矯正治療やインプラント、
歯根管の治療などにおいて、精度と安全性を高めることが可能です。
特に親知らずなどの抜歯では、埋まっている歯の位置確認を的確に行えます。
また、歯や骨の形を立体的に把握することで、神経の位置や周囲の炎症の程度、
病巣の有無や大きさなどを確認できますのでより安全な治療ができます。

ネット予約24時間受付中

ネット予約24時間受付中

トップへ戻る