一般歯科GENERAL DENTISTRY

一般歯科

menu

一般歯科GENERAL DENTISTRY

一般歯科は、虫歯の治療をはじめ、歯周病の予防や歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う治療などを行います。
当院では可能な限り健康な歯を保存し、出来る限り抜かない治療を心がけています。
また、治療後の定期的なブラッシング指導・お口の中の清掃等の予防にも力を入れています。

一般歯科一般歯科では主に次の治療を行っています。

虫歯治療
プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌によって酸で溶かされた歯は、
まだ初期段階の虫歯で穴が少しあいている程度であれば、虫歯部分を削って詰め物をします。
もし神経まで達する重度の虫歯であれば歯の神経(歯髄)を除去したり、抜歯をして根管治療を行い、被せ物を被せたりする治療が必要になることもあります。
歯周病治療
検査を行い、ブラッシング指導、歯石除去が治療のメインになります。
重度の場合、歯茎を切開して歯石を除去したり、歯周ポケットという歯と歯茎の境目にある溝を埋めたりする外科手術を行うこともあります。
入れ歯(義歯作成)
歯を虫歯や歯周病、事故やスポーツなどで失った場合に補う治療です。
歯の型取りをして、ロウ義歯を作って装着し、咬み合わせをチェックします。その後、一週間ほどもすれば入れ歯が完成し、装着して咬み合わせなどを確認して治療が完了します。
詰め物・被せ物交換など
過去に虫歯治療などの際に歯に詰めたり、被せたりした銀歯やコンポジットレジンなどが劣化、食事中にとれてしまったり金属アレルギーになったりしている場合、詰め物や被せ物を交換します。
銀歯の場合、コンポジットレジンやセラミックなどに交換することになります。

一般歯科に該当するのは下記のような症状です。

  • 歯がズキズキ痛む
  • 歯の一部が黒くなっている
  • 歯に穴があいている
  • 冷たいもの、熱いものが歯にしみる
  • 歯がグラグラしている
  • 歯磨きのとき、歯茎から出血する
CO2レーザー
レーザー治療器

一般歯科レーザー治療のメリットとは?

●歯茎の腫れや痛みなどが和らぐ
歯科におけるレーザー治療の一番のメリットは、痛みが少なくなることにあります。
治療中の麻酔の注射を打つことから、実際の手術の際にメスを入れるとき、顎関節症や口内炎などの症状としての痛みまで、あらゆる痛みを和らげることができます。

●歯茎の切開などと比べて出血を抑えられる
歯茎を切開する手術のときと比べて、レーザーを使って切開することで出血を押さえられます。また、術後の出血についても同様に抑えられます。

ネット予約24時間受付中

ネット予約24時間受付中

トップへ戻る